文字サイズ

親知らずの抜歯

親知らずが痛い!!でも抜くのが怖い!

親知らずが痛い!!でも抜くのが怖い!
親知らずを抜くと必ず腫れると思っていませんか?
上顎と下顎では抜歯の方法・リスクなど色々異なります。
適切な診断、画像検査を行えば抜歯後の痛み、腫れを最小限に留めることが出来ます。

親知らずが引き起こす影響

親知らずとは
20代前後に生えてくる最も後ろの奥歯のことで、永久歯のなかで一番最後に生えてきます。正式名称は第三大臼歯といいます。
永久歯は通常15歳前後で生え終わるのですが、親知らずは20代前後のため、親に知られず生えてくる事が名前の由来と言われています。
通常は上顎の左右に2本、下顎の左右に2本の合計4本ありますが、もともと親知らずがない人、4本未満の人など個人差があります。

親知らずが痛む原因

親知らずは生えてくる方向が、真っ直ぐ・横向きなど方向が様々です。真っ直ぐに他の歯と同じ様に生えていれば、清掃も簡便で炎症や腫れが起こる事は少ないです。

正常な生え方

正常な生え方

手前の歯にぶつかっている

手前の歯にぶつかっている

歯茎に埋もれる

歯茎に埋もれる

正常な生え方とは異なる場合、虫歯や歯周病になりやすい状態に

サンプル画像
しかし、親知らずが横向きに生えてしまい通常とは異なる場合は清掃性が悪くなりやすいため虫歯や歯周病に罹患し、腫れ・痛み・骨の吸収を伴います。

親知らずを抜く事によるメリット・デメリット

■ メリット

虫歯や歯周病のリスクの低減、第二大臼歯の保全、歯列不正の予防

■ デメリット

他の歯が抜歯に至った場合、親知らずを移植歯として使用できなくなる。
入れ歯・ブリッジの土台として使用できなくなる。

親知らずを抜くリスク

下顎骨の中には口周りの感覚神経が走っており親知らずが神経に近い程、神経を圧迫または損傷してしまうリスクがあります。損傷してしまった場合は、唇付近にマヒがでてきます。回復には数ヶ月〜数年と長期の経過をたどり回復していきます。
上顎には上顎洞という空洞があり、抜歯時の穴から穿孔する可能性があります。穴が塞がるまで口を膨らます事や鼻から水が漏れる可能性があります。

上顎親知らずの抜歯

まっすぐに生えている場合

歯にヘーベルと呼ばれるドライバーの様な器具をひっかけテコの原理で抜きます。処置は短時間で術後の痛み、腫れはあまりありません。

横向きや埋まっている場合

歯茎を少し切り開き歯、骨の削除を行い抜いていきます。

下顎親知らずの抜歯

まっすぐに生えている場合

上顎と同様の処置のため短時間で術後の痛み、腫れは少ないです。

横向きや埋まっている場合

歯茎を少し切り開き骨や歯の削除を行い抜いていきます。上顎と違い、腫れや痛みを併発する可能性が高いです。

抜歯後の経過

下顎骨の中には口周りの感覚神経が走っており親知らずが神経に近い程、神経を圧迫または損傷してしまうリスクがあります。損傷してしまった場合は、唇付近にマヒがでてきます。回復には数ヶ月〜数年と長期の経過をたどり回復していきます。

■ 術後の痛み

麻酔が切れた当日がピークです。翌日からは基本的に痛みなどはひいていきます。2〜3日たっても痛みが引かない場合はご連絡ください。当院で消毒、傷の程度を診察いたします。

■ 腫れ

2、3日後に腫れが出てきます。その後1週間ほどかけて徐々に引いていきます。まれに内出血のあざが頬にでる場合がございますが、1週間から10日ほどで消えていきます。

ドライソケットによる痛み?

抜歯後は抜いた穴の所に血が溜まって歯茎が覆う事で徐々に治っていきます。
ところがその血液の塊が何らかの理由で剥がれてしまうと骨の部分が露出して強い痛みがしばらく続きます。
2,3日経っても痛みが軽減しない時や、強くなる時は連絡して下さい。

治療の流れ

1 検査

1 検査
口腔内診査、歯周ポケット検査、エックス線検査、最新かつ被曝量が少ないCT検査などの画像検査を行います。検査の内容を詳細にご説明致します。検査の内容に関してご質問などありましたら随時お答え致します。
next

2 抜歯

2 抜歯
下歯槽神経(下顎骨の中に走行している神経)や上顎洞(頬のあたりに位置する空洞)と歯の位置関係を分析し治療プランで出来上がりましたら歯を抜いていきます。
● 最新の抜歯器具
歯を抜くには術者のスキル・知識などはもちろん重要ですが当院では最新の抜歯器具を設けておりますので、より安全に確実な抜歯を行うことができます。
また、器具を豊富に取り揃えておりますので歯の様々な生え方に対して抜歯器具を使い分けて臨機応変に対応できます。
next

3 消毒、抜糸

3 消毒、抜糸
7~10日後に来院していただき抜歯した所の確認を行います。
歯茎を糸で縫った場合は糸取りを行います。

治療期間

抜歯治療は1度の来院で終了します。
しかし、抜歯した穴が完全に塞がるには数ヶ月かかります。
ご不明な点はお気軽にご質問下さい。