文字サイズ

保険と自費の違い

自分に合った素材選び

被せ物や詰め物は、劣化や破損等で作り直しにならない限り、長い間使い続ける事になります。素材も様々な種類があるので見た目、耐久性、費用など自分に合った物を選ぶことが重要です。
当医院では患者さんのご意見を伺った上で適切な治療を進めております。

保険治療と自費治療の違い

一般的な治療と同じように、歯科治療にも「保険診療」と「自費診療」があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、歯科医院を受診する前に、まずは治療費の違いや使用できる素材・治療法などについて知っておきましょう。

治療費の違い

保険治療 = 健康保険が適用されます。
自費治療 = 健康保険が適用されず、すべて自己負担となります。


治療費の違いは、大まかにいえば以上の通りで、保険診療では保険が適用され、治療費の3割(1割の方もいます)の自己負担で治療が可能になります。また、あらかじめ国によって治療ごとの費用が決められているので、同じ治療であればどの歯科医院でもほぼ同額で治療を受けられます。
一方の自費診療は保険が適用されず全額自己負担となり、歯科医院によって費用に大きなひらきがある場合もあります。

素材や治療費の違い

美しい見た目や優れた機能性をもとめるなら自費治療がおすすめです。
治療手段
自費治療
保険治療
イメージ
プラスチックのかぶせもの
メタルボンドのかぶせもの
補綴の特徴さまざまな選択肢の中から患者さんのご要望に合った素材・治療法が選べるので、自分好みの見た目や耐久性、生体親和性の良い物や噛む力を考慮した治療が行えます。保険適用で使われる素材は、金・銀・パラジウムの合金がほとんどで、金属が見えない様表面に特殊なプラスチックを付け白く見せます。
製造工程熟練した歯科技工士が手間と、時間をかけて作る事で、精密で天然歯の様な色調が出せます。これらの手間や時間、保険適用外素材の原価が費用に反映されます。限られた素材から患者さんの色調に近いものを選び、日常生活に支障をきたさない様にします。
審美性
★★★★
★★☆☆☆
変色劣化
★★★★
☆☆☆☆
生体親和性
★★★★
☆☆☆☆

金属アレルギーとは

日本人の2人に1人は、何らかのアレルギー疾患を持っていると言われております。
金属アレルギーもその疾患の1つで、口腔内で使用されている金属(銀歯など)が原因で症状が現れているケースも多々見受けられます。

金属アレルギーは口腔内でも起こります

残念ながら日本の保険治療では、多くの場合金属を使用します。
金属アレルギーが心配な方は、金属を使用しない治療もあります。
最近では金属アレルギー対策として、過去の治療で行った詰め物や被せ物をセラミック製にやりかえる方も多くいらっしゃいます。

当医院の対処法

保険適用治療は金属を使用する事が多いので、自費のノンメタル素材を選ぶ事が重要です。
当医院ではセラミック、e-max、ジルコニア等の治療をしていますので、お気軽にご相談ください。

保険治療と自費治療のメリット・デメリット

自費治療と保険治療の違いは補綴物に使用する材料と方法です。それぞれ、大きく異なるところがあります。ここではメリットデメリットをまとめてみました。
保険治療
自費治療
メリット
  • 費用が比較的安価
  • 歯科医院による治療費の違いがほとんどない
  • 素材・治療法の制限がほとんどない
  • 自然な見た目・噛み心地を追求できる
デメリット
  • 素材・治療法が制限されている
  • 見た目や噛み心地など追求した処置が難しい
  • 費用が保険治療よりも、比較的高め
  • 歯科医院によっては料金体系が異なる

万代デンタルクリニックの治療方針

自費治療は、高額な治療というイメージが強いようですが、保険治療では扱うことのできない優れた材料を使用し、咬み合わせる歯の強度バランスを考えて技工物を精密に作製するため、最も歯を大切にした治療が行えます 。
"快適に噛める"ようにするためには、より高い技術力が要求されますが、当院では長い目で見て、患者さんにとってベストな治療をご提供したいと考えております。
ご予算も含め、ご要望をしっかりと伺った上で治療を行いますので、どうぞお気軽にご相談ください。