文字サイズ

痛みを抑えた治療

1.『リラックスできる環境』を大切にしています

リラックスできる環境痛みを感じるというのは感覚的・心理的な要素な影響が大きく、緊張している状態だとより痛みを感じてしまいます。つまり、痛みを抑えるためにはリラックスすることも大切です。
そのために当院では、明るい雰囲気作り、コミュニケーション、リラックス効果があるBGM、アロマ、治療中のちょっとしたお声かけなどを大切にしています。
診療中だけでなく院内どこでもリラックスできる環境にしていきたいと思っています。

2. カウンセリングでお悩みをお伺いします

歯科医療に限らず、安心の医療を受けるためには、患者さんと歯科医院側の信頼関係が何よりも重要です。
当院では、問診や初診時のアンケートなど、患者さまが苦手なことや、不安なことをお聞きして治療に活用しています。常にコミュニケーションを大切にして、患者さんとの信頼関係づくりを大切にしています。また、いつも笑顔でお迎えすることで、安心を提供します!

3. 今まで歯科治療での経験をヒアリング

「麻酔が効きづらかったことがある」
「針の痛みが苦手」
「診療台に座っただけでも怖くなって、痛い気がする」

実は、麻酔の効き方や痛みの感じ方も、その時の心理状態(恐怖心)や過去の経験により変わります。そして、その患者さんがどのようなことに恐怖心を持っているのか、何に対して恐怖心をお持ちなのかによっても対処方法を変えています。
緊急時を除き、突然処置をするのではなく、過去の経験やお悩みをお聞かせ頂いてから処置を行いますので、安心してください。

4.「塗る麻酔薬(表面麻酔)」で痛みを減らす

塗る麻酔薬(表面麻酔)
塗る麻酔薬治療中の痛みは、麻酔をすれば気になりません。しかし、多くの方が嫌がるのは、この麻酔注射をする時の痛みです。この「チクッ」とした痛みや鈍痛を感じないようにするために、ジェルタイプの塗り薬や貼り薬を使用します。塗るタイプの薬なので痛みはありませんし、身体にも安全ですので、大人から子供の治療まで安心して使用可能です。

5.「超極細の針」を使用しています

表面麻酔に加えて、麻酔注射の痛みを軽減するために、一部の外科処置を除いて『超極細の針』を使用しています。鍼治療を受けたことはある方には分かりやすいかもしれませんが、極細の針だと刺してもほとんど感触を感じません。
表面麻酔を塗布した上で、さらに極細の針を使用することによって、さらに痛みが出ないように工夫しています。